沿革

1代目 竹森一男

昭和27年 (1952年) 創業

創始者 竹森一男(明治28年生まれ)は筆の里、熊野町で伝統工芸、面相筆の穂首造りを家内工業で始める。

※面相筆:人形の顔を描くため開発された、細かい部分や流れる様な線を描くための筆

2代目 竹森鉄舟

昭和30年代

日本の大手化粧品メーカーがブラッシング化粧法を導入し始める。
筆づくりの実績から、化粧筆を依頼され面相筆をもとに化粧筆作りの基盤を開発。

昭和46年 (1971年)

株式会社 竹宝堂設立
代表取締役社長 竹森鉄舟就任

昭和47年 (1972年)

新社屋設立
化粧筆の量産化を始める。

昭和50年代後半

化粧筆のコストの安い韓国へ奪われ始めました。
初代一男から継承された技術をもとに天性として備わった“もの創りの探究心”により鉄舟の技が開花した時代
高級化粧筆作りを中心に取り組み、その品質が業界で徐々に認められるようになる。

平成

日本だけでなく海外のメーカー、アーティストから高い評価を受けるようになる。

平成8年 (1996年)

工場増築300坪

平成9年 (1997年)

代表取締役会長:鉄舟 代表取締役社長:竹森臣(3代目) 経営から身を引き、職人の育成と創作に打ち込む

平成13年 (2001年)

輸出開始

平成15年 (2003年)

カネボウ化粧品よりカネボウ鉄舟コレクション発売

3代目 竹森臣

平成18年 (2006年)

自社ブランド、OEMの増加にともない工場増築
  • 竹宝堂とは
  • 沿革
  • 会社概要